東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

【おすすめ!!】オールセラミックが安い東京の歯科

f:id:tokyosashiba:20170609164835j:plain

虫歯が悪化してしまった、あるいは事故などで歯が折れた時、根元部分が残っていれば、差し歯治療を受けることができます。

差し歯とは、残っている歯の根の部分に土台を入れ、被せ物をすることで、歯の機能と見た目を再現できる治療方法です。

ceramic-white.com


差し歯は、根元部分まで覆う被せ物を使用しますので、基本的には目立ちにくく、きれいに直せる方法だといえるでしょう。被せ物には、レジン素材やセラミックが用いられますが、保険が適用されるのは、レジン素材を使用した場合のみとされています。


レジン素材の被せ物も、治療当初は白く仕上げることができますが、時間とともに変色しやすいといったデメリットを持っています。また、土台部分は金属が使用されますので、歯茎に着色がおこり、被せ物とのすきまが黒く見えてしまうことも多いといわれています。


変色や着色といったデメリットのない差し歯として、注目を集めているのが、オールセラミックです。

この素材は、まず着色しにくく、さらに変色も起こりにくいため、自然で違和感のない見た目が長く維持できるのが魅力です。また、金属を用いないため、歯茎に黒く着色するといったトラブルが起こりにくく、さらに金属アレルギーの心配もないのです。また、素材自体の白さにも透明感があるため、より本物の歯に近い見た目に、仕上げることが可能です。

ceramic-white.com


メリットの多いオールセラミックですが、保険が適用されないため、費用が気になり、保険適用の素材を選ぶ方も多くいるでしょう。保険が適用されない自費診療は高いというイメージがありますが、実際にはどの程度の差があるのでしょうか。


オールセラミックの治療を受ける場合、実はその費用は、歯科医院によってかなりの差があるといわれています。治療によって費用が定められている保険診療とは異なり、自費診療の費用は、歯科医院やクリニックによって設定されているのです。つまり、安い価格に設定している歯科医院を選べば、相場よりも低費用で、オールセラミックを使用した質の高い治療を受けられることになります。


東京には多数の歯科医院があり、自費診療でのオールセラミック治療に対応している医院の数も豊富です。しっかりと比較してクリニックを選べば、安い費用でより美しい差し歯に治療することができるでしょう。


もっとも安い価格のクリニックを選んだ場合でも、保険適用の差し歯治療よりは、治療費が高くなるでしょう。しかし、前歯など目立ちやすい部分の歯に変色や着色があると、目立ちやすく気になってしまうものです。

 

一度は安い費用で保険適用の治療を受けたが、やがて変色がおきてしまい、見た目が気になるからと再治療を受けるという人も多くいます。前歯は普段の生活で人目についてしまうことが多いため、機能の回復だけでなく、審美面にも配慮したいものです。より安い価格でオールセラミックを取り扱っているクリニックを探して、納得の行く治療を受けましょう。

ceramic-white.com

 

芸能人のような歯並びと白い綺麗な歯

f:id:tokyosashiba:20170609165442j:plain

テレビに出ている芸能人は、第一印象が大切です。
第一印象が悪いと、リビングでテレビを観ている視聴者の好感度も下がってしまい、仕事にも悪影響を及ぼします。
特にドラマやCMに出演する俳優は好感度が重要なので、第一印象を良く見せるために、様々な部分に注意しています。


人間の第一印象を決める要素の一つが、口元です。
口元の見た目が悪いと不潔な印象を与えてしまい、相手に嫌悪感を与えてしまいます。
口元の印象に大きく左右するのは、歯です。
歯並びが整っていなかったり黄ばんでいたりすると、良い印象を与えることができません。


一昔前のTVCMのキャッチコピーにもありましたが、第一印象を良くしなければいけない芸能人は、歯が命と言われていたほどです。
しかし、生まれつき歯に問題がない人間は、ほとんどいません。
何かしらの問題を抱えていますし、年齢とともに白い歯も黄ばんでしまいます。
美しい歯を手に入れるためには、治療を受けたりお手入れをしたりしなければいけません。


審美歯科は一般的な歯科医院やクリニックとは違い、虫歯や歯周病など歯や口の中の病気を治療するのが目的ではなく、歯の見た目を整えることを目的にした科目です。
一般の歯科医院のなかに用意されていることもありますし、一つのクリニックとして専門的に行っている場合もあります。
見た目を重視した治療でイメージするのは、美容歯科かもしれません。
しかし、審美歯科は美容歯科とは大きく違い、歯の噛み合わせを考えながら治療を行います。


美しさというのは、健康的であることも大切です。
歯の噛み合わせが悪いと体の様々な部分に影響が出るので、審美歯科で噛み合わせを整えれば、口元も美しくなりながら健康的な体を手に入れることもできるでしょう。
審美歯科の治療で一般的なのは、歯列矯正です。


歯並びが悪いと見た目が悪いだけでなく、虫歯や口臭の原因になりかねません。
しかし、歯列矯正で歯並びを整えれば、これらの原因も解消することができます。
大人の歯列矯正は難しい、器具が目立つなどのイメージがありますが、成人でも歯列矯正は行うことができますし、器具も目立たないものや裏側矯正などがあります。


歯並びにコンプレックスがあるなら、歯列矯正を考えてみると良いでしょう。
歯列矯正とともに審美歯科で一般的なのは、ホワイトニングです。
ホワイトニングとは歯を白くする治療のことで、食べ物や加齢が原因で黄ばんだ歯も美しくすることができます。


クリニックに通って行うオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングなどの種類があり、予算や目的、状況に応じて選ぶことが可能です。
審美歯科では歯列矯正やホワイトニングの他にも、噛み合わせを考えながら見た目を良くする治療が行われています。


テレビや映画などに出演している芸能人の多くも、こうした治療を受けて美しい歯を手に入れています。
芸能人の美しい歯に憧れるなら、クリニックで治療を受けてみると良いでしょう。

安い費用で、美しい歯になることができる審美歯科

f:id:tokyosashiba:20170609165128j:plain

前歯が美しいと、笑顔や会話の時の口元が大変美しく、清潔に見えるため、その人の魅力が際立ちますが、歯並びの悪さや黄色や茶色に変色した歯、虫歯などがあると、だらしない印象や不潔な印象になってしまい、魅力が半減してしまいます。

歯の悩みがあるために、笑顔や会話に自信がなく、楽しいはずの人とのコミュニケーションに対して、消極的になってしまったり、コンプレックスになってしまうことがあります。


歯をきれいに見せるために、白く美しい歯になる効果が期待できる歯磨き粉を使ったりしている人もいますが、黄ばんだり茶色くなってしまった歯を真っ白にすることは大変難しいことです。また、歯磨きの努力では、歯並びや虫歯、歯の欠けなどをきれいにすることはできないので、努力をしているのに、自信のなさやコンプレックスを解消できずに悩んでいる人がたくさんいます。


歯の悩みやコンプレックスを解消し、モデルやタレントなどの芸能人のように白くて、歯並びの良い美しい歯になりたいという人には、オールセラミックの前歯がおすすめです。オールセラミックは、白さを選ぶことができ、歯並びもよいため、大変美しい輝く白い歯になることができるので、大変人気があります。オールセラミックは、装着した時に白く美しい歯になることができるだけでなく、白さが続くことが人気の理由です。また、土台に金属を使用していないため、歯茎が金属で変色して黒くなってしまったりすることもなく、健康的で美しい歯茎のままで、輝く白い歯になることができるところが人気の理由です。


東京では、一般の人でも歯並びが良くて、大きさが揃い、印象的な白さの美しい歯の人がたくさんいます。白くて美しい歯の人が多い理由は、東京は、オールセラミックの前歯にする人がとても多く、施術をすることができる審美歯科なども多いことから、オールセラミックの前歯にすることが流行しており、一般的になってきていることが理由のひとつです。また値段が安いことも大きなメリットで、ホワイトニングやクリーニング、矯正などに費用をかけるよりも、美しい色と歯並び、虫歯などの悩みやコンプレックスを一気に解消することを選ぶ人がたくさんいます。


東京には、安い費用で、美しい歯になることができる審美歯科がたくさんあるので、選ぶときには、口コミやランキングを参考にして、安い料金で高品質のオールセラミックの前歯にできる評判が良く、人気があるクリニックをピックアップすることをおすすめします。選んだ中から、いくつかのクリニックのカウンセリングを受けて、納得できる費用で、自分と相性が良いドクターやクリニックを選ぶことをおすすめします。いくつかのクリニックのカウンセリングを受けることで、相場が分かったり、ドクターやクリニックの雰囲気や自分との相性を知ることができるので、最後まで気持ちよく通うことができるクリニック選びをすることができることがおすすめの理由です。

奥歯に比べて前歯は薄い

f:id:tokyosashiba:20170609165716j:plain

奥歯に比べて前歯は薄く出来ている為、何かにぶつかった時などの強い衝撃を受けた際には折れてしまうこともあります。

また、歯茎と接地面が非常に少ないことから、酷い場合には根本からごっそりと折れてしまうこともあり、前歯が無くなってしまうと食べ物が食べずらくなり、また嚙み合わせなどにも影響を及ぼしてしまう上に、何よりも気になるのが見た目の問題と言えるでしょう。


差し歯を入れる理由には、前歯を失ってしまったという理由に加えて色合いが気に入らない場合や、歯並びが悪いことが理由にあり、差し歯を入れることによって見た目には非常に美しく見せることが出来ます。

 

差し歯を入れる際には、保険適用の治療と保険適用外の治療方法があります。
保険が適用されたのが安いといったメリットがありますが、必ずしも保険適用外だからと言ってお金が掛かるからこそメリットばかりということでもなく、どちらにするのかは、自分がどのようにしたいのかによって決めることが出来ます。


保険適用の治療になると、硬質レジンジャケット冠といってレジンのみでで作られた物を使います。この場合の値段は3000円から8000円程度と非常に安い値段で治療を施すことが出来ますが、月日が経つにつれて黄ばんでしまう為、場合によっては新しく付け替えたくなるような状況になるかもしれませんが、ただ前歯があれば良いので、黄ばんでしまっても良いと考えているのであればまったく問題ありません。


硬質レジン前装冠という方法もありますが、こちらは表の部分はレジンで覆われていますが、裏は金属になっている為、耐久性に優れていますが、その分適用される歯が硬質レジンジャケット冠よりも少なくなる上に値段も5000円から8000円程度と高くなる上、金属部分が劣化してしまって後々交換しなければならないといった可能性もあります。

 

保険適用外になれば、見た目も更によくはなりますが、金額が高くなるのでその点も踏まえて考えていく必要があります。


ハイブリッドセラミックの場合は、レジン素材にセラミックが配合されている物になりますが、値段が4万円からになる上に、やはり黄ばんでしまうことは避けられません。しかし、金属を使用していない分、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます


オールセラミックは審美性が非常に高く、黄ばむ心配もありませんが、その分値段8万円以上となります。しかし、美しさを望むのであれば、差し歯だと分からない程綺麗に仕上がるのでおすすめです。


メタルボンドはセラミック素材だけでなく、金属を利用している為、非常に耐久性に優れているという特徴がありますが、値段が8万円以上からになります。
ジルコニアクラウンであれば、ジルコニアを使っている為に耐久性も高い上に表面はメタリックで覆っている為見た目もかなり綺麗な仕上がりになりますが、その分値段が張りますので、10万円以上は覚悟しなければなりません。

歯科医院の選び方

歯科医院の選び方は人によって重視するポイントが異なりますので難しいのですが、治療が丁寧で上手だという点はほとんどの人が求めることです。ただし、治療が上手だと判断するには実際に受けてから何年も必要ですので、そう簡単に判断できるものではありません。特に審美歯科は最近注目され始めたばかりですので、探し方のポイントが分からないという声もよく聞きます。


良い審美歯科を見分けるためのコツとして、受付の対応が良いというのは外せないポイントです。受付の対応次第で気持ち良く治療を受けることができるかが決まってしまいますし、受付の対応は全体の雰囲気を表していますのでスタッフの質を知ることができます。スタッフの教育が行き届いている歯科医院は質の良いサービスを提供してくれることが多いので、まずは受付の対応を見て見極めてみるのがおすすめの方法です。


次に、歯医医院での治療は分からないことが多くて不安な気持ちを持つことも少なくありませんので、事前に丁寧な説明をしてくれるところも好感が持てます。また、色々な選択肢がある場合には、それらを一つ一つ説明してくれて後悔のないように選ばせてくれるところも良い歯科医院だと言えます。事前の説明やカウンセリングに十分な時間を割かず、いきなり治療に入ってトラブルになるケースもありますので、説明の有無は必ずチェックしておきたいポイントです。


また、審美目的ではあっても治療を行う場所ですので衛生面が徹底的に管理されていると安心です。治療を受ける場所だけでなく、トイレや待合室まで綺麗になっていると気持ち良く治療を受けることができます。院内の様子などはホームページを閲覧すれば大体のことが分かるのですが、トイレのように治療とは関係のない場所は自分で確認するしかありません。


クリーニングの場合、選ぶ歯科医院によって通わなければならない回数が異なります。自費治療なら1回で終えても良いことになっていますが、結果を見ながら回数を決めていくところもありますので、どこまでの質を求めるのかもあらかじめ明確にしておかなければなりません。自費治療を受ける場合、費用はかなり高額になります。クリーニングはどこで受けるかによっても価格が大きく異なりますので、3,000円程度のこともあれば10,000円以上かかることもあります。


ホワイトニングを行ってくれる歯科医院の選び方としては、ほとんどのところが料金を明確に提示していますので、あとは評判や実践などを参考にしながら絞り込んでいくと良いようです。口コミだけでは信用できないという場合もありますが、写真を閲覧することができれば尚選びやすくなります。ホワイトニングの場合、治療を受けた後のアフターフォローも非常に重要です。一定期間内に再度受ける場合には割引をしてくれるようなところも存在します。料金だけで選んでしまうと失敗するのがホワイトニング目的で通う場合です。

よいクリニック、そうでないクリニックの差

東京には多くの審美歯科がありますが、技術・料金は同じではありません。大都市ほどよいクリニック、そうでないクリニックの差が顕著になります。技術力によって審美性は大きく変わってきますから、特に前歯を治すときはクリニック選びを慎重に行ってください。前歯で口元の印象が決まってしまうので、妥協をしない治療をしたいものです。オールセラミックは歯の形状も自由に決定できるので、特定の芸能人やモデルに近い歯並びにすることも可能です。

 

歯並びがよくなると健康・美容の両面でメリットを期待できるので、早めに改善をしておきましょう。先延ばしをするとチャンスを逃してしまうので、なるべく20代~30代のうちに治療をするべきです。治療が遅くなるほど腰が重たくなってしまうので、若いうちに決めてしまいましょう。実際に東京でオールセラミックにした方は、その快適性に驚かれます。歯が綺麗になることは生活の質を高めてくれるので、健康・美容を促進するメリットが期待できます。

保険外治療の料金相場は高い

保険外治療の相場が高いのが特徴ですが、最安値で見るとかなり安いという現実があります。相場は平均値のことですから、相場だけで高い・安いの判断はできません。より多くの歯科がある地域ほど、安いところを見つけやすいと考えてよいでしょう。東京は格安でオールセラミックを受けられる歯科があります。前歯を綺麗にしたい方におすすめで、他県から通院している方も大勢います。

 

東京の審美歯科で特に人気のメニューはオールセラミックで、安い歯科が登場したことで一気に人気が広がりました。1本5万円未満のクリニックもあるほどで、格安のため治療回数を抑えることができるのです。高額になると1回で目的の本数を治療することが難しくなってきますが、格安なら前歯6本を治療することもできるでしょう。まとめて治療したほうが総費用は安くなりますから、2本ずつ治療をするよりも、6本の治療を一度に行ったほうが経済的です。

 

前歯をオールセラミックにするメリットは非常に大きく、口元の印象が大きく変わることで顔つきが美しくなります。審美歯科のWEBサイトでオールセラミックの症例写真を見るとわかりますが、治療前と治療後では驚くほどの変化が見られるはずです。容姿を整えるためには、顔のどのパーツより歯を治すべきだと言われています。東京には多くの美容整形がありますが、歯を最初に治療するように推奨しているところは多いです。

 

歯は健康にも関わる部位ですから、健康維持のためにも若いうちに治しておくべきでしょう。食べ物をそのまま飲み込むという方はおらず、よく噛んで食べているはずです。噛むことは骨を強くするメリットもありますが、歯が弱くなってくると噛む回数を減らしてしまうのです。噛み合わせが悪い場合も同じであり、よく噛まずに食べてしまうので骨にはよくありません。胃腸への負担も大きくなるので、胃腸不良や便秘などの原因にもなるのです。