東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

きれいで白い歯に治したい

歯が虫歯になったり、事故などでかけたりすると治療が必要です。特に前歯の場合は、きれいで白い歯に治したいと考えている方は多いと思います。


小さな虫歯やかけた状態の歯でしたら、保険内のCRと言われるプラスチックで詰めて一日でその歯の治療が終わりますが、大きな虫歯になると根管治療と言われる歯の中の神経を取って、何回か根の中がきれいになるまで消毒することがあります。
歯の根の治療を進めた場合、歯質が残っている場合はそのままプラスチックをつめることがありますが、神経がなくなると変色してきてしまうので、前歯ではとくに目立ってしまうことがあり多くの場合はかぶせ物をかぶせます。


かぶせ物にはいくつか種類があります。前歯では保険内ですと硬質レジン前装冠で治します。保険外ですとセラミックで治療します。セラミックにもいろいろ種類があり、主にジルコニアオールセラミック・メタルボンドクラウン・セレックがあります。


保険内の治療の硬質レジン前装冠は、見た目は表面が白く、裏側が銀色です。かぶせたばかりのものは隣の歯に色を合わせてつけるので、違和感はあまりありません。しかし、金属を使っているので透明感がないことと、数年で変色してきます。また、金属にレジンというプラスチックを焼き付けてあるのでレジンがかけたり剥がれたりすることがあります。
保険外のセラミックは変色せず、汚れが付きにくいので虫歯菌や歯周病菌が付きにくくなります。


ジルコニアは硬くてきれいです。インプラントの上部構造にも使われます。オールセラミックジルコニアよりも硬くないタイプのセラミックです。メタルボンドクラウンは金属を使っていてその上にセラミックを焼き付けています。金属を使っているので強度が出ますが、透明感がなくなるので前歯よりも奥歯におすすめです。
ジルコニアオールセラミック・メタルボンドクラウンの3つは歯科技工所に出して歯科技工士に作ってもらうため、もともとの歯の色が灰色っぽい色などのあまりいないタイプの色の場合は歯科技工士が色を合わせてくれます。


セレックは、金属は使わず硬さが歯に近いタイプのかぶせ物です。作り方は、あらかじめいろいろな色のブロックがあり、そのブロックの中からひとつ選んで歯科医師が設計して機械で削りだすタイプのものです。費用は技工所を使わないので費用を抑えられ、安い歯を入れることができます。


治療には何回か回数がかかるので、通院しやすいところに行くことをおすすめします。
東京ではたくさんの歯科医院があるので、ホームページを見てみるとよいでしょう。セレックの場合は機械がないと作れないので確認が必要です。また、カウンセリングをしっかりおこなってくれる歯科医院がおすすめです。治療の内容はもちろん、保険外差し歯は歯科医院によって金額が違うので費用の確認もしておきましょう。不安なことがあればしっかり聞けるので、納得したうえで安心して治療が受けられます。

前歯を保険外差し歯にするメリット

オールセラミックの前歯のメリットは強度が強くて変色しないことですが、セラミックは陶器の一種であり、金属パーツを一切使用していないため、金属アレルギーの方でも差し歯にすることができます。よって、オールセラミックの差し歯は、金属アレルギーの方にもおすすめです。


歯並びの悪い方は、東京の審美歯科でオールセラミックの歯で歯列矯正をすることができます。通常の矯正治療のように金属製のブラケットを使用しないため、治療中も口元の見栄えを美しくすることが可能です。誰からも歯列矯正の治療を受けていることが知られることはなく、誰にも内緒で歯並びを良くすることができます。治療が終わると歯並びの良くなった歯は真っ白になりますので、通常の矯正治療よりも歯を美しくすることが可能になります。


東京の審美歯科では、安い費用でオールセラミックの保険外差し歯にすることができますが、費用を安くできる理由は技術料を大幅に安くすることができるからです。通常の審美歯科だと1本の歯を治療するごとに技術料が必要になりますが、東京の審美歯科では何本治療しても技術料は一律になっています。そのため、数本の歯をまとめてオールセラミックにした場合でも、治療費を格安にすることができます。

色が変色しない差し歯

東京の審美歯科では、黄ばんだり黒ずんでいる前歯を白い歯にすることができます。汚れた歯を綺麗にする審美治療は健康保険の適用外になるため高額な費用がかかりますが、東京の審美歯科だと安い費用で保険外差し歯にすることが可能です。


東京の審美歯科で使用されている保険外差し歯はオールセラミックスであり、保険適用のプラスチックの前歯のように、色が変色することがありません。プラスチック製の前歯は費用が安いですが、しばらく経つと黒っぽく変色しますので、色が変色するとまた治療を受けることが必要になります。それと比べると、オールセラミックの前歯は変色しないため、プラスチック製の差し歯よりも長持ちします。


保険適用のプラスチック製の差し歯は強度が弱く、硬いものを噛んだ時には差し歯が欠けてしまうことがあります。差し歯が欠けるとまた治療を受けることが必要になりますので、差し歯が欠けるたびに治療費がかかってしまいます。オールセラミックの歯はプラスチック製の差し歯よりも強度が強く、硬いものを噛んでもプラスチック製の差し歯のように欠けることはありません。そのため、丈夫で長持ちしますので、一度治療を受けると長期間にわたって治療を受ける必要はなくなります。


少し値段が高くなりますが、ジルコニアセラミックの差し歯だとさらに強度がアップするため、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しているので、通常のオールセラミックの前歯よりも強度があります。もちろん、通常のオールセラミックの差し歯と同じように変色することがないため、真っ白の状態を維持できます。

 

しっかりと見た目にこだわりたい

差し歯を作る時、しっかりと見た目にこだわりたいと考えるのであれば、健康保険は適用されず、治療費は全額自己負担となり、10万円以上の費用がかかる事が多くなっています。
その為、見た目が多少悪くなっても、噛む事ができればそれで良いと、健康保険が適用される歯を選ぶ人は多くいます。


健康保険が適用される歯は大きく分けると銀歯とプラスチックの歯となります。
銀歯は奥歯に使われる歯で、目立つ部分の差し歯にはプラスチックの歯が使われます。
プラスチックの歯の場合、最初は周りの歯とそれ程変わらない見た目となるのですが、汚れやすい為、使っていく間に周りの歯と色の違いが目立つ状態になっていく事になります。


前歯の場合、本物の歯とプラスチックの歯の色の違いが目立つようになれば、その事が気になり、歯を出す事、葉を出して笑う事に抵抗を感じてしまうという人は少なくありません。


それに対して、オールセラミックの歯であれば、とても自然な見た目に仕上がるだけでなく、着色汚れが少なく、長く良い状態で使い続けていく事ができるようになります。
治療費は高額になりますが、それでも長く良い状態で使い続けていく事ができるという事、そして歯の見た目に自信を持てるという事を考えると、その治療費は高いとは言い切れません。


そんなオールセラミックの治療費というのは、歯科医院がそれぞれ設定している為、選ぶ歯科医院によって大きく変わってくる事になります。
東京の場合、従来よりも安い治療が可能な歯科医院も登場し、話題になっています。
実際に少しでも安く治療を受けたいと考えた場合に重要になってくるのが、歯を作る為の費用と技術料の総額を考えておく事です。


歯を作る費用自体はとても安くても、技術料が高いというのであれば、最終的に治療は高額になってしまいます。
ですから、最初から治療が完了するまでに必要な費用を考えておく事が重要になってきます。


東京で話題になっている歯科医院の場合は、歯を作る費用だけでなく、技術料も低く設定している為、安心して治療を受ける事ができるようになっています。
勿論、安いといっても、保険が適用される治療のように1万円以内で治療が可能という訳ではありまえん。


治療費の総額は、歯によって変わってきますが、歯科医院をしっかりと比較検討しておけば、一般的な歯科医院の半額程度で治療が可能になるという事も少なくありません。
安ければ品質が悪いのではないか、技術力が低いのではないかと不安を感じる人もいますが、値段と品質、技術力が必ず比例するかといえば、そうではありません。


高品質のオールセラミックと高い技術の治療を安く提供している歯科医院もあり、事前にしっかりと比較検討をしておく事で、より良い治療を受けられる事になります。
東京で、前歯の差し歯を作りたいと考えているのであれば、安くオールセラミックの治療を行っている歯科医院を探してみる事がおすすめです。

一般的な歯科医院の他に、審美歯科専門、矯正歯科などもある

東京には様々な歯科医院があり、一般的な診察の他に、審美歯科専門、矯正などがあります。より自分の希望に合わせた治療を行うには専門の歯科医院を受診するのが良いため、治療を受ける前にはしっかりとリサーチを行うのがとても大切になります。


前歯は折れやすく、差し歯にするケースが多い場所です。差し歯にする場合、保険適用の素材か保険外差し歯を利用しますが、保険適用の素材は耐久面で劣ることが多く、歯と歯の間が黒くなってしまうことがあります。保険適用の前歯の差し歯には、硬質レジンジャケット冠、前装冠などがあります。

 

レジンは費用が抑えることができますが、耐久性は金属のみよりも劣り、着色による黄ばみなどが生じやすくなります。特に硬質レジン前装冠の場合、裏は金属になっているので年月が経つと金属とレジンの境が目立ってきてしまいます。歯茎が黒く変色してしまうこともあり、金属が溶けだして隙間ができ、さらに虫歯になってしまう、ということも起こりやすくなります。安い、という考えだけで差し歯を選ばないように注意します。


保険外差し歯には、セラミック、ジルコニア、などがあります。セラミックにはさらにハイブリッドセラミック、オールセラミック、メタルボンドとあり、ハイブリッドセラミックは保険適用外差し歯の中でも費用を抑えて作ることができます。金属は使用していないのでアレルギーがある場合も安心です。ですが、ハイブリッドセラミックはセラミックの粒子とレジンをまぜて作られているのでレジンの部分は変色してしまうこともあります。


オールセラミックは東京でも使用されることの多い素材で、すべてセラミックで作られています。より白い歯を保つことができ、長い期間、美しい歯を保つことができます。また、もともとある自分の歯と同じ色に作成することができるので、前歯など目立つ場所でも差し歯だと気が付きにくく、自然な感じにすることができます。費用は高めですが、耐久年数は10年以上となっているので、長持ちします。


同じように汚れがつきにくく、変色しにくいものにメタルボンドがあります。メタルボンドは内部が金属でできており、表面はセラミックで覆われています。オールセラミックよりも耐久性に優れているのが特徴です。


一番費用がかかる素材はジルコニアです。体にあう素材で、金属は使用していないので、アレルギーがある人でも安心して使用することができます。ジルコニアクラウンは内側をジルコニアで、外側をセラミックで作られているので、歯茎が黒ずむこともなく、歯の色も自然な感じにすることができます。


保険外差し歯は費用がかかりますが、白い歯や自然な歯にすることができるため、前歯など目立つ場所は保険外差し歯を利用した方が良いでしょう。東京の審美歯科では費用面で差があることが多いので、あらかじめどのくらいの費用がかかるのか数件の歯医者に聞いてみると良いでしょう。どのくらいの症例数があるのかもチェックするようにします。

保険外差し歯が安い東京のおすすめ審美歯科

f:id:tokyosashiba:20170609164029j:plain


ニコッと笑ったときに見える前歯が黄色かったり欠けていたりすると、それだけでマイナスのイメージを与えてしまうのではないかと心配になることがあるでしょう。

自分の前歯にコンプレックスを持っているなら、歯科クリニックに行って白い歯を手に入れましょう。

ceramic-white.com


歯科クリニックではさまざまな治療を提供していますが、白い歯を実現させたい方は審美歯科のあるクリニックを選ぶ必要があります。審美歯科では歯の矯正やホワイトニングなど見た目を良くするための治療を行っているため、通常の虫歯の治療とは性質が異なります。差し歯は保険が適用されるものもありますが、保険外差し歯の場合は自己負担となるため医療費が高額になるケースもあります。保険外差し歯を安い料金で実現させたいと思ったら、複数のクリニックを比較して一番納得できるクリニックを選ぶことをおすすめします。


東京都内には多くの審美歯科が存在するため、安い料金で保険外差し歯を提供しているクリニックも見つけやすいというメリットがあります。初めに自宅から通いやすいクリニックをいくつかピックアップしたら、保険外差し歯の料金を確認してみましょう。
保険が適用されない差し歯と一口に言っても種類がありますから、自分にとって最適な差し歯を探すことから始めましょう。多くの方に選ばれているのがオールセラミックジルコニアセラミックなどで、これらの違いはセラミックの質の違いにあります。

 

オールセラミックとはその名の通り、全ての素材がセラミックで作られているものになります。保険適用の差し歯では色が不自然に見えることがありますが、オールセラミックの場合は違和感がなく美しい前歯が実現するため、高い人気を維持し続けています。ただオールセラミックは欠けやすい性質もあるため、より強度の高い差し歯を求める方にはジルコニアセラミックをおすすめします。


ジルコニアセラミックはジルコニアとセラミックの両方を使用しており、強さと美しさの両方を兼ね備えています。金属も使用しないため金属アレルギーがある方も安心して選べます。元々の歯の色に近づけて作りますから、差し歯にしていることが気付かれにくく自信を持って笑えるようになるはずです。他にもメタルセラミックやハイブリッドセラミックなどいくつかの種類があるので、それぞれの違いを確認しながら自分に合った差し歯を選ぶといいでしょう。


歯科クリニックが提供している治療の内容や料金は、ホームページを見ると確認することができます。差し歯で使用している素材を詳しく説明していたり、治療にかかる期間や料金を掲載している場合もあるのでクリニック選びの参考になります。また口コミサイトに寄せられている意見や感想にもしっかり目を通しておくと安心です。料金の安さだけに目がいってしまうと納得できる結果が得られない場合もありますから、安さだけでなく腕の良さもチェックポイントになります。多くの方が結果に満足しているクリニックを選び、思い通りの白い歯を手に入れましょう。

 

ceramic-white.com