東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

一般的な歯科医院の他に、審美歯科専門、矯正歯科などもある

東京には様々な歯科医院があり、一般的な診察の他に、審美歯科専門、矯正などがあります。より自分の希望に合わせた治療を行うには専門の歯科医院を受診するのが良いため、治療を受ける前にはしっかりとリサーチを行うのがとても大切になります。


前歯は折れやすく、差し歯にするケースが多い場所です。差し歯にする場合、保険適用の素材か保険外差し歯を利用しますが、保険適用の素材は耐久面で劣ることが多く、歯と歯の間が黒くなってしまうことがあります。保険適用の前歯の差し歯には、硬質レジンジャケット冠、前装冠などがあります。

 

レジンは費用が抑えることができますが、耐久性は金属のみよりも劣り、着色による黄ばみなどが生じやすくなります。特に硬質レジン前装冠の場合、裏は金属になっているので年月が経つと金属とレジンの境が目立ってきてしまいます。歯茎が黒く変色してしまうこともあり、金属が溶けだして隙間ができ、さらに虫歯になってしまう、ということも起こりやすくなります。安い、という考えだけで差し歯を選ばないように注意します。


保険外差し歯には、セラミック、ジルコニア、などがあります。セラミックにはさらにハイブリッドセラミック、オールセラミック、メタルボンドとあり、ハイブリッドセラミックは保険適用外差し歯の中でも費用を抑えて作ることができます。金属は使用していないのでアレルギーがある場合も安心です。ですが、ハイブリッドセラミックはセラミックの粒子とレジンをまぜて作られているのでレジンの部分は変色してしまうこともあります。


オールセラミックは東京でも使用されることの多い素材で、すべてセラミックで作られています。より白い歯を保つことができ、長い期間、美しい歯を保つことができます。また、もともとある自分の歯と同じ色に作成することができるので、前歯など目立つ場所でも差し歯だと気が付きにくく、自然な感じにすることができます。費用は高めですが、耐久年数は10年以上となっているので、長持ちします。


同じように汚れがつきにくく、変色しにくいものにメタルボンドがあります。メタルボンドは内部が金属でできており、表面はセラミックで覆われています。オールセラミックよりも耐久性に優れているのが特徴です。


一番費用がかかる素材はジルコニアです。体にあう素材で、金属は使用していないので、アレルギーがある人でも安心して使用することができます。ジルコニアクラウンは内側をジルコニアで、外側をセラミックで作られているので、歯茎が黒ずむこともなく、歯の色も自然な感じにすることができます。


保険外差し歯は費用がかかりますが、白い歯や自然な歯にすることができるため、前歯など目立つ場所は保険外差し歯を利用した方が良いでしょう。東京の審美歯科では費用面で差があることが多いので、あらかじめどのくらいの費用がかかるのか数件の歯医者に聞いてみると良いでしょう。どのくらいの症例数があるのかもチェックするようにします。