東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

色が変色しない差し歯

東京の審美歯科では、黄ばんだり黒ずんでいる前歯を白い歯にすることができます。汚れた歯を綺麗にする審美治療は健康保険の適用外になるため高額な費用がかかりますが、東京の審美歯科だと安い費用で保険外差し歯にすることが可能です。


東京の審美歯科で使用されている保険外差し歯はオールセラミックスであり、保険適用のプラスチックの前歯のように、色が変色することがありません。プラスチック製の前歯は費用が安いですが、しばらく経つと黒っぽく変色しますので、色が変色するとまた治療を受けることが必要になります。それと比べると、オールセラミックの前歯は変色しないため、プラスチック製の差し歯よりも長持ちします。


保険適用のプラスチック製の差し歯は強度が弱く、硬いものを噛んだ時には差し歯が欠けてしまうことがあります。差し歯が欠けるとまた治療を受けることが必要になりますので、差し歯が欠けるたびに治療費がかかってしまいます。オールセラミックの歯はプラスチック製の差し歯よりも強度が強く、硬いものを噛んでもプラスチック製の差し歯のように欠けることはありません。そのため、丈夫で長持ちしますので、一度治療を受けると長期間にわたって治療を受ける必要はなくなります。


少し値段が高くなりますが、ジルコニアセラミックの差し歯だとさらに強度がアップするため、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。ジルコニアセラミックは人工ダイヤモンドを使用しているので、通常のオールセラミックの前歯よりも強度があります。もちろん、通常のオールセラミックの差し歯と同じように変色することがないため、真っ白の状態を維持できます。