東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

きれいで白い歯に治したい

歯が虫歯になったり、事故などでかけたりすると治療が必要です。特に前歯の場合は、きれいで白い歯に治したいと考えている方は多いと思います。


小さな虫歯やかけた状態の歯でしたら、保険内のCRと言われるプラスチックで詰めて一日でその歯の治療が終わりますが、大きな虫歯になると根管治療と言われる歯の中の神経を取って、何回か根の中がきれいになるまで消毒することがあります。
歯の根の治療を進めた場合、歯質が残っている場合はそのままプラスチックをつめることがありますが、神経がなくなると変色してきてしまうので、前歯ではとくに目立ってしまうことがあり多くの場合はかぶせ物をかぶせます。


かぶせ物にはいくつか種類があります。前歯では保険内ですと硬質レジン前装冠で治します。保険外ですとセラミックで治療します。セラミックにもいろいろ種類があり、主にジルコニアオールセラミック・メタルボンドクラウン・セレックがあります。


保険内の治療の硬質レジン前装冠は、見た目は表面が白く、裏側が銀色です。かぶせたばかりのものは隣の歯に色を合わせてつけるので、違和感はあまりありません。しかし、金属を使っているので透明感がないことと、数年で変色してきます。また、金属にレジンというプラスチックを焼き付けてあるのでレジンがかけたり剥がれたりすることがあります。
保険外のセラミックは変色せず、汚れが付きにくいので虫歯菌や歯周病菌が付きにくくなります。


ジルコニアは硬くてきれいです。インプラントの上部構造にも使われます。オールセラミックジルコニアよりも硬くないタイプのセラミックです。メタルボンドクラウンは金属を使っていてその上にセラミックを焼き付けています。金属を使っているので強度が出ますが、透明感がなくなるので前歯よりも奥歯におすすめです。
ジルコニアオールセラミック・メタルボンドクラウンの3つは歯科技工所に出して歯科技工士に作ってもらうため、もともとの歯の色が灰色っぽい色などのあまりいないタイプの色の場合は歯科技工士が色を合わせてくれます。


セレックは、金属は使わず硬さが歯に近いタイプのかぶせ物です。作り方は、あらかじめいろいろな色のブロックがあり、そのブロックの中からひとつ選んで歯科医師が設計して機械で削りだすタイプのものです。費用は技工所を使わないので費用を抑えられ、安い歯を入れることができます。


治療には何回か回数がかかるので、通院しやすいところに行くことをおすすめします。
東京ではたくさんの歯科医院があるので、ホームページを見てみるとよいでしょう。セレックの場合は機械がないと作れないので確認が必要です。また、カウンセリングをしっかりおこなってくれる歯科医院がおすすめです。治療の内容はもちろん、保険外差し歯は歯科医院によって金額が違うので費用の確認もしておきましょう。不安なことがあればしっかり聞けるので、納得したうえで安心して治療が受けられます。