東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

奥歯に比べて前歯は薄い

f:id:tokyosashiba:20170609165716j:plain

奥歯に比べて前歯は薄く出来ている為、何かにぶつかった時などの強い衝撃を受けた際には折れてしまうこともあります。

また、歯茎と接地面が非常に少ないことから、酷い場合には根本からごっそりと折れてしまうこともあり、前歯が無くなってしまうと食べ物が食べずらくなり、また嚙み合わせなどにも影響を及ぼしてしまう上に、何よりも気になるのが見た目の問題と言えるでしょう。


差し歯を入れる理由には、前歯を失ってしまったという理由に加えて色合いが気に入らない場合や、歯並びが悪いことが理由にあり、差し歯を入れることによって見た目には非常に美しく見せることが出来ます。

 

差し歯を入れる際には、保険適用の治療と保険適用外の治療方法があります。
保険が適用されたのが安いといったメリットがありますが、必ずしも保険適用外だからと言ってお金が掛かるからこそメリットばかりということでもなく、どちらにするのかは、自分がどのようにしたいのかによって決めることが出来ます。


保険適用の治療になると、硬質レジンジャケット冠といってレジンのみでで作られた物を使います。この場合の値段は3000円から8000円程度と非常に安い値段で治療を施すことが出来ますが、月日が経つにつれて黄ばんでしまう為、場合によっては新しく付け替えたくなるような状況になるかもしれませんが、ただ前歯があれば良いので、黄ばんでしまっても良いと考えているのであればまったく問題ありません。


硬質レジン前装冠という方法もありますが、こちらは表の部分はレジンで覆われていますが、裏は金属になっている為、耐久性に優れていますが、その分適用される歯が硬質レジンジャケット冠よりも少なくなる上に値段も5000円から8000円程度と高くなる上、金属部分が劣化してしまって後々交換しなければならないといった可能性もあります。

 

保険適用外になれば、見た目も更によくはなりますが、金額が高くなるのでその点も踏まえて考えていく必要があります。


ハイブリッドセラミックの場合は、レジン素材にセラミックが配合されている物になりますが、値段が4万円からになる上に、やはり黄ばんでしまうことは避けられません。しかし、金属を使用していない分、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます


オールセラミックは審美性が非常に高く、黄ばむ心配もありませんが、その分値段8万円以上となります。しかし、美しさを望むのであれば、差し歯だと分からない程綺麗に仕上がるのでおすすめです。


メタルボンドはセラミック素材だけでなく、金属を利用している為、非常に耐久性に優れているという特徴がありますが、値段が8万円以上からになります。
ジルコニアクラウンであれば、ジルコニアを使っている為に耐久性も高い上に表面はメタリックで覆っている為見た目もかなり綺麗な仕上がりになりますが、その分値段が張りますので、10万円以上は覚悟しなければなりません。