東京、差し歯。

東京で審美歯科治療を受けるためのこと

【おすすめ!!】オールセラミックが安い東京の歯科

f:id:tokyosashiba:20170609164835j:plain

虫歯が悪化してしまった、あるいは事故などで歯が折れた時、根元部分が残っていれば、差し歯治療を受けることができます。

差し歯とは、残っている歯の根の部分に土台を入れ、被せ物をすることで、歯の機能と見た目を再現できる治療方法です。

ceramic-white.com


差し歯は、根元部分まで覆う被せ物を使用しますので、基本的には目立ちにくく、きれいに直せる方法だといえるでしょう。被せ物には、レジン素材やセラミックが用いられますが、保険が適用されるのは、レジン素材を使用した場合のみとされています。


レジン素材の被せ物も、治療当初は白く仕上げることができますが、時間とともに変色しやすいといったデメリットを持っています。また、土台部分は金属が使用されますので、歯茎に着色がおこり、被せ物とのすきまが黒く見えてしまうことも多いといわれています。


変色や着色といったデメリットのない差し歯として、注目を集めているのが、オールセラミックです。

この素材は、まず着色しにくく、さらに変色も起こりにくいため、自然で違和感のない見た目が長く維持できるのが魅力です。また、金属を用いないため、歯茎に黒く着色するといったトラブルが起こりにくく、さらに金属アレルギーの心配もないのです。また、素材自体の白さにも透明感があるため、より本物の歯に近い見た目に、仕上げることが可能です。

ceramic-white.com


メリットの多いオールセラミックですが、保険が適用されないため、費用が気になり、保険適用の素材を選ぶ方も多くいるでしょう。保険が適用されない自費診療は高いというイメージがありますが、実際にはどの程度の差があるのでしょうか。


オールセラミックの治療を受ける場合、実はその費用は、歯科医院によってかなりの差があるといわれています。治療によって費用が定められている保険診療とは異なり、自費診療の費用は、歯科医院やクリニックによって設定されているのです。つまり、安い価格に設定している歯科医院を選べば、相場よりも低費用で、オールセラミックを使用した質の高い治療を受けられることになります。


東京には多数の歯科医院があり、自費診療でのオールセラミック治療に対応している医院の数も豊富です。しっかりと比較してクリニックを選べば、安い費用でより美しい差し歯に治療することができるでしょう。


もっとも安い価格のクリニックを選んだ場合でも、保険適用の差し歯治療よりは、治療費が高くなるでしょう。しかし、前歯など目立ちやすい部分の歯に変色や着色があると、目立ちやすく気になってしまうものです。

 

一度は安い費用で保険適用の治療を受けたが、やがて変色がおきてしまい、見た目が気になるからと再治療を受けるという人も多くいます。前歯は普段の生活で人目についてしまうことが多いため、機能の回復だけでなく、審美面にも配慮したいものです。より安い価格でオールセラミックを取り扱っているクリニックを探して、納得の行く治療を受けましょう。

ceramic-white.com